市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記」は、社団法人宗像青年会議所が、昨年度創立35周年記念事業として演劇集団フリーダムに監督・指導を依頼し、2009年に初回を開催、2017年は9回目の公演となります。
地域の皆様へ『感謝』の気持ちが伝わるようにとの思いから、市民の皆様と一緒になって何かを作り上げるべく「市民参加型ミュージカル」としました。
 また、ミュージカルの内容は、宗像JCの活動の1つである「沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録推進運動の一環として宗像の歴史や文化を多くの方に知っていただくきっかけとなるように、沖ノ島の伝説をもとにした大人も子どもも楽しめるストーリーとなっております。
 現在この宗像地区の「沖ノ島と関連遺産群」は、ユネスコ世界遺産の暫定リストに掲載されており、2015年7月28日「神宿る島」沖ノ島と関連遺産群"は、文化庁より国内推薦候補に選ばれました!宗像は古代からの貴重な遺産が数多く残されている地域として、マスコミ等からも多くの注目を浴びております。
 このミュージカルは、その貴重な歴史的背景をストーリーに取り入れることで、宗像地域の素晴らしさを他地域に発信するという意義を含んでおりますとともに、何よりも、過去8回(2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年)のミュージカルにおいて、参加した子供達は、短い練習期間である何ヶ月間で著しい成長をみせており、大きな教育的成果を収めている事業としても大変注目を集めております。

 他校や他地域の子ども達同志が、このミュージカルを通じてふれあうことで、子どもが自ら進んで、友情や思いやり、何かをやり遂げることの達成感、積極的で前向きな精神を養うことができるよう、周りの大人が万全なサポート体制を整えております。この有意義な事業を継続させて行くことが我々、宗像地域に住む大人の使命であると考え、今年度も「市民参加型のミュージカル」を開催する運びとなりました。
 つきましては、地域の皆様方にも何らかの形で是非このミュージカルに参加して頂き、宗像人の力(ちから)みなぎる舞台を作り上げたいと切に願っております。

世界遺産候補地 宗像・沖ノ島


(公社)宗像青年会議所 2017年度理事長

花田 武

 私たち宗像青年会議所は43年という長きにわたり、地域の方々と共に地域社会への貢献事業を数多く展開してまいりました。これもひとえに敬愛する諸先輩方が築いてこられた礎に感謝すると共に、宗像地区の関係諸団体そして地域の方々のご理解ご協力の賜物と、あらためまして心より御礼申し上げます。

 いまから8年前の35周年記念事業として「感謝」をテーマに宗像の地域ポテンシャルを生かし、悠久の歴史文化を題材とした壮大なスケールのもと、市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記」が創作され今年で9回目を迎えます。

 この市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記」は、複数の団体から構成される宗像沖ノ島世界遺産市民の会の市民運動啓発イベントの一環として採択され、観客の皆さまより好評をいただき、市民の皆さまと一体となって共に創り上げる事業となっております。

 昨年1月には、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界文化遺産推薦に係る推薦書(正式版)がユネスコに提出されました。今年平成29年夏の世界文化遺産登録を目指し、このミュージカルを通じて宗像の誇れる歴史文化を幅広く発信すると共に、郷土を見つめ直す絶好の機会になればと願っております。

 本年も、予定しております本番公演へ向けて、出演者は毎週土、日の過密なスケジュールのなか、厳しい稽古にも弛むことなく、お互いに切磋琢磨しながら懸命な努力を重ねています。是非とも、このミュージカルを通じて、郷土のすばらしい魅力を感じとっていただき、沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録推進運動を共に推進して参りましょう。

 最後に、今回のミュージカルを開催するにあたりご理解とご協力を賜りました関係諸団体の皆様に深く感謝申し上げ、ご挨拶に代えさせていただきます。

演劇集団フリーダム代表

坂口 聡

  早いもので、9年目の市民参加型ミュージカル「むなかた三女神記」となりました。 お蔭様で、年々沢山の方々よりご支援頂き、好評を得ております。私たちが、今出来る事は、この宗像の地より笑顔を取り戻す活動として、市民の方々と共に一つの作品を創り、出演者達の絆、日本の絆、世界の絆を広めていくことが最大の復興支援だと考えております。

 約4か月に及ぶ稽古は、厳しいもので御座います。その過程で子ども達は、沢山の事を学んでいくことでしょう。なかでも異年齢の交流は、子ども達だけではなく大人達にも世界観を広げる場所となる筈です。価値観が違う人間、育った環境が違う人間、沢山の考えの違う人間が集まり、一つの作品を創る。そこに全てを許し、全てを認め、受け入れ、思いやりが生まれます。

 「君は、一人じゃない!」

この言葉を胸に、これからも一生懸命子ども達の育成に力を注いでいきます。

 宗像の地より世界へ発信するミュージカルの誕生です。

   古のころ、ここは神の里と呼ばれていた宗像。胸形(むなかた)族が守り抜いた沖ノ島。
 沖ノ島と関連遺産群が、世界遺産になる日まで、神話の誇りにかけ、今こそ宗像市民と手を取り合い、歩んでまいります。

 今後ともより一層のご支援、ご協力の程、出演者スタッフ一同お願い申し上げます。